2018/01/18

Rie’s Episode:6~石の声2~

 
 
 
改めて「石」の「意志」を心から実感した不思議な出来事もありました。
 
 
 
 
 IMG_4312
 
 
 
 
私は、その年の”夏のジュエリー展”のために根を詰めて制作していたことがたたって、気づけば両手はひどい痛みで腱鞘炎になっていました。
展示会が終わってからは治療に専念し、両手はギプス状態で何もできない日々を過ごしていました。
そんなある日、いつも行くお花屋さんから電話がきたのです。「吉田さん、2度目で悪いんだけど、もう一度だけ確認して欲しいと言われて・・・」
その話は、確かに去年も訊かれたことでした。
それは・・・そのお花屋さんに来る常連客のKさんという方から「亡くなった奥さんの石のコレクションを譲り受けて欲しい」というものでした。
最初にお話を頂いた時、私は「見ず知らずの人から譲り受けるなんて」「しかも素人の人が集めた石を?(←コレ、今から思うととても傲慢なのデス・・・汗)」という複雑な思いが浮かんで、そのときはスケジュール的に忙しかった時期でもあり、深く考えもせずその場でお断りしました。
それから1年経って、同じ話がもう一度きたのでした。
お花屋さんも自分の仕事で忙しいはずなのに、わざわざまた電話をかけてくるなんて「よっぽどのことなんだな」と思った私は、両手ギプスでまったく仕事ができない状態だったこともあり、「そうなんですね・・・じゃ、その方に連絡してみます」と答えました。すぐ教えてもらった連絡先に電話をして、Kさんと会うことになったのです。
 
翌日。
会いに行った場所は”ケア付き老人ホーム”でした。受付を済ませて中へ入ると・・・
そこは、まるで会員制高級ホテルのようでした。広いロビーにゆったりしたソファ、天井は高く明るくて、窓辺にはいくつかの台がありビリヤードを楽しんでいるおじいさんたちがいるのです。そうした場所に初めて足を踏み入れた私は、想像していたのと全く違うことに驚いてしまいました。
びっくりしてボーっと立っていた私に一人のおじいさんが「吉田さんですか?」と声を掛けてきました。
こうして、Kさんと対面し、応接室に通され、亡くなった奥さんがコレクションしたというルース(裸石)を見せてもらうことに。
Kさんは「石をお見せする前に、これを差し上げます」と言って1冊の本を私に手渡しました。その本には「しずこの俳句」と題名が書かれていました。
それは奥さんの趣味だった俳句や詩、イラストやデッサン、油絵、また刺繍などの作品を1冊の本にまとめたものでした。
その中には、これから見せてもらうことになっているルースのコレクション写真もありました。
終わりの方のページには、しずこさん自身の写真と最後にプロフィールが載っていました。読むと”昭和〇〇年 文部事務次官退職”との文字が。「あら~、そういう人だったのか・・・」と思い、この場所に納得いくような気持になりました。
写真のしずこさんはとても上品で落ち着いた静かな雰囲気の、でもどこか凛とした空気を放つ女性でした。
 
IMG_4319          IMG_4322
                                 
 
 
                                                                                                             
 
そして、Kさんはテーブルの上に重ねてあった箱を開けて、奥さんのコレクションした石を見せてくれたのです。
私は「これが、しずこさんが集めた石なんだ・・・」と思いながら見入ってしまいました。
それは、ほとんどが半貴石と呼ばれるものでした。すべてのケースには、しずこさん自身が書いたであろうと思われる字で、丁寧に石の名前や特徴、採取地などが記されていました。
中には名前だけは聞いたことがある、といっためずらしい石もありました。コレクションは”宝石”と呼ばれる石は少なく・・・本当に石が好きな人が集めたというものでした。
Kさんはこれまでもあちこち譲り受けてくれそうな業者などを探したらしいのですが、「宝石じゃないから引き取れない」って言われ困っていたようでした。
でも目の前にある石たちは、まさに私の作品にぴったりとくるものばかり・・・!
「どうですか?譲り受けてくれますか?」と言われ、私は「はい、ぜひ。」と答えていました。
 
こうして、しずこさんのコレクションを譲り受けた私は、その年の秋に控えている個展の新作をこの石たちで創ってみようと思いました。
 
 
                                                                  IMG_4316
 
 
   
 
新作ジュエリーに取り掛かるとき、まず最初にするのはルースを選ぶこと。・・・というより、石の声を聴くことから始めます。
ルースの入ったケースをすべて並べて、静かに見渡しながらスーッと感覚を研ぎ澄ますと、「作品になりたい!」という石が意思表示をするのです。それをチョイスしていくことが創作の第一段階。
その後、デザインしていく時にも選んだ石たちの声を聴いていきます。これは、Episode:5に書いた通りです。
だいたいが何も考えず無意識に描いた最初のデザインが基本となり、そこから納得いくまでパターンを何通りも描いていきます。
スケッチブック数ページになることもあれば、早々と決まる時もあります。デザインが決まる瞬間のピタッとくるその感覚はとても不思議で、「これだ!」という揺るぎない感覚になるもの。それがきっと「石の声」なのでしょう。
”ジュエリー展”として新作ペンダントを発表する数は、近年おおよそ5点~10点。こうした感覚でひとつひとつデザインしていくと、不思議なことにその時々の新作シリーズに共通するデザイン性が決まるという流れになるのでした。
 
しかし、それは私がこれまで好きで買い付けた石たちを扱ってきた手法。
しずこさんが集めた石たちを同じ方法で選んでみましたが、「本当にそうかな?」という疑問が少し残りました。
そこで、個展を企画してくれたギャラリーのオーナーにも訊いてみることに。
私が選び出した石と共にいくつかの石をランダムに加えて持って行きました。その石たちを並べて、オーナーに「気になる石を4つ選んでください」と頼みました。
新作は5つ創作する予定でした。DMにする作品はすでに完成しているので、あと4つなのです。
オーナーは「なに、なに?吉田さん?」と言いつつも、男性らしくとても冷静に真剣に選んでくれました。
すると・・・!私が選んだ石とまったく同じ4つをチョイスしたのです。
これには、本当に驚きました。でも心のどこかで「やっぱり・・・!」という思いもありました。
中には、制作するのに少々手が掛かるであろうと思われる石もありました。私なら絶対に買い付けないカットの石です・・・。
「でも観念しないとな~」と思った瞬間をよく覚えています。(笑)
そう。やっぱり「石」の「意志」はあるのです。
                                                    
 
IMG_4325           
             
 
                                                                                                                                                         IMG_4324                                            
 
 
 
その秋の個展ではしずこさんの石たちを使った新作ジュエリーを発表しました。
KさんにはDMに「譲り受けた石たちを使いました」と書き、お知らせだけするつもりでご案内しました。
すると、思いがけずギャラリーに来てくれたのです。あのホームからは遠い場所にあるギャラリーだったので、私はびっくりしました。でも、びっくりしていたのはKさんの方でした。
「吉田さん、まさかこんなに早く作品にしてくれるとは思っていませんでした。実は、明日は妻の十七回忌なのです」と言われ、今度は私の方がさらにびっくり・・・!
Kさんは「法事に集まってくれる人たちに見せたい」と、しずこさんの石で創ったジュエリーの写真を撮って帰られました。
 
 
 
 
 
この出来事は、私の中でも心に強く残る経験になりました。
実は制作していた時、しずこさんの気配を感じることがあったのです。それはとてもワクワクしている様子で作業台のそばにいて、「次はどうなるの?」と言いながら、制作していく工程を見られているような感じでした。
この時の新作のデザインはどれもスッと早々描けたのですが、とても手がかかる工程が多く、普段と違うエネルギーを使っている感覚でした。それでも忠実に丁寧にひとつひとつデザイン通りに制作していきました。
この時、自宅へ帰る度に、その頃まだ生きていたセニョーラヒロコに、「りえ、なんだかやつれて〝鶴の恩返し”の”おつう”みたいよ。大丈夫?」と言われるほど。「おつうって!?でも、まさに。創る姿は見ないでください・・・って感じだよ。(泣笑)」と、自分でも毎日ヘトヘトになっていたのを覚えています。
 
 
 
                                                                                          IMG_4323
 
 
 
 
 
後日、お花屋さんにKさんが個展を観に来てくれたこと、そして奥さんの十七回忌だったことを話すと、カラッとしているキャラクターのお花屋さんに「それは、いい供養になったね~!吉田さん!」とサクッと言われ、「なるほどね・・・(苦笑)」と思った私。
 
 
改めて、しずこさんの思いと、石たちの「意志」に素直に従って動いた自分を認識しました。
後になって思えば・・・このことは、未来の私=現在の私へとつながる大切な出来事のひとつになったのでした。
 
 
 
 
 
~Pensamiento de piedra~
 
 
IMG_4328
 
 
 
IMG_4338
 
 
IMG_4337
 
 
IMG_4332
 
 
IMG_4336
 
 
IMG_4339
 
しずこさんがコレクションしたルースで創作した作品だけの個展をすることが、人生の目標のひとつになりました。